ベルタ葉酸サプリ 口コミ

ベルタ葉酸サプリでダウン症は防げるの?

 

ダウン症を100%予防する事は無理で、根本的な治療法もなければ、ダウン症の危険性を軽減させる方法が知りたい!と思う方は多くおられるのではないでしょうか。

 

ダウン症を100%予防する事や治療が出来なくても、危険性を低下させる事はできます。

 

その方法が、妊活中から葉酸を摂取する事なのです。

 

葉酸の働き

 

厚生労働省は、妊娠を希望する女性・妊娠中の女性に対し、1日に400μgの葉酸を摂取する事をお薦めしています。

 

これは、ダウン症をはじめとする先天性異常の危険性を低下させる事が目的です。

 

葉酸には色々な働きがありますが、そもそもは、神経管閉鎖傷害の危険性を低下させるものとして注目されていたものです。

 

ですが、2003年になって、有名な医学誌であるランセットで、妊娠前の葉酸摂取がダウン症を防ぐ可能性があると公表されたのです。

 

神経管閉鎖障害とは?

 

神経管閉鎖障害とは、無脳症や二分脊椎症の事を指します。

 

無能症無脳症とは文字通り、脳が無いもしくは縮小している状態です。

 

臓器などにほぼ異常はない事が多いものの、命を維持していく脳のところが欠損している事が多く、ずーっと生きる事が出来ません。

 

仮に無事に出産できたとしても、赤ちゃんが生きていられるのは1週間以内だと言われています。

 

その上、治療法がなく、流産・死産となる時間が多いというのが現状です。

 

日本では、10000人に1人の可能性で無脳症を発症していると言われています。

 

二分脊椎症

 

二分脊椎症とは、神経管の下のところで、閉鎖障害が起きてしまった状態です。

 

運動機能や知覚などに麻痺が見られ、症状には個人差が大変大きいと言われています。

 

合併症も同時間発生する可能性が高く、様々なケアが必要となります。

 

日本では、10000人に6人の可能性で、二分脊椎症を発症していると言われています。

 

葉酸には、これらの神経管閉鎖障害をはじめ、ダウン症も予防できる可能性があります。

 

諸外国の研究では、驚いたことに約70%も危険性を予防できると言われています。

 

妊娠する前(妊活中)から葉酸を!

 

ダウン症を予防する上で大事になる事は、妊娠する前(妊活中)から葉酸を摂取する事です。

 

お腹の赤ちゃんの細胞分裂が活発になったり、脳や脊椎などが作られていくのは、妊娠初期です。

 

妊娠したかも?!と思って産婦人科やクリニックに行く頃には、妊娠初期を通りすぎている可能性があります。

 

妊活中から葉酸を摂取する事で、いつ妊娠して、いつ赤ちゃんの体が作られてもいいようにしておく必要がありますね。

 

そういう意味で、厚生労働省は”妊娠を希望する女性に対し”、1日に400μgの葉酸摂取をお薦めしているのです。

 

ベルタ葉酸サプリもダウン症の危険性低下に有効?

 

ベルタ葉酸サプリの葉酸含有量は、4粒で400μgとなっています。

 

厚生労働省がお薦めしている1日の摂取量をしっかりと摂る事ができるようになっているため、安全です。

 

そして、葉酸だけではなく、豊富な栄養素が含まれされている事から、体全体のバランスを整える事も出来ます。

 

ベルタ葉酸サプリは、ダウン症をはじめ、先天性異常の危険性を軽減する事が期待できるサプリメントです。

 

厚生労働省がおすすめしている合成葉酸を使用天然葉酸と合成葉酸と聞くと、天然葉酸の方が良いように感じてしまいますよね。

 

ですが、厚生労働省がお薦めしているのは、合成葉酸だという事をご存知ですか?

 

外国の実験で、葉酸が先天性異常の危険性低下に効果的と公表されているのですが、この実験に使用されているのも、天然葉酸ではなく合成葉酸なのです。

 

天然葉酸は吸収率が50%程度である事に対し、合成葉酸は85%もの吸収率があります。

 

より確実に体に摂り入れるためには、天然ではなく合成葉酸の方が適しているのです。

 

ベルタ葉酸サプリなら、合成葉酸を使用している他、葉酸の吸収を助けるビタミンB6、B12なども配合されているため、毎日充分に葉酸を摂り入れる事が出来ます。

 

 

 

 

page top