ベルタ葉酸サプリ 口コミ

ベルタ葉酸サプリのバージョンアップについて

 

ベルタ葉酸はバージョンアップで3つの成分をプラスしました。

 

↓これら成分は、今までのベルタには含まれてなかったものです。

 

DHA・EPA(藻由来オメガ3オイル)配合

 

DHA・EPAとは、体内では作られない必須脂肪酸です。

 

厚生労働省でもDHA・EPAを1日1000mg摂取する事をおすすめしています。

 

別名、オメガ3系脂肪酸と言われ、青魚や亜麻仁オイルなどに多く含まれされています。

 

DHA・EPAの働きを見てみよう!

  • 血液をサラサラにする
  • 心疾患や脳疾患の危険性和らげる
  • 生活習慣病にも有効
  • 脳・神経細胞活性化
  • アレルギー抑制

DHA・EPAは血栓を防ぎ血流を改善する働きがあります。

 

骨盤周りの血流の流れが良くなると子宮・卵巣環境を整える事にもつながります。

 

他にも、精子の老化を防ぐ・コレステロール値の低下も期待できます。

 

今度ベルタ葉酸が配合しているのは、魚などからとれる動物性由来ではなく藻由来の植物性DHAです。

 

藻由来の植物性DHAは、魚臭さもなく魚アレルギーも気にならない、より豊富なDHA・EPAを含む上述のようなメリットがあります。

 

魚由来のDHAの元は、魚が藻を食べて、その魚を他の魚が食べ・・・という食物連鎖からくるもの。

 

そう!魚由来のDHAも元は藻なのです。

 

(藻由来のDHAはNASAの研究・製作されたもの)

 

藻由来なので、魚に含まれる重金属や毒物質を気にする必要がありませんね。

 

多機能タンパク質ラクトフェリン配合

 

ラクトフェリンは、母乳や汗・涙などに含まれされる多機能タンパク質です。

 

ラクト=ミルクフェリン=鉄と組み合わせ哺乳類の母乳に含まれされる、鉄を運び繋ぎ合わせしやすい糖たんぱく質の事。

 

赤ちゃんが生まれて初めて出る母乳には牛乳の10倍にもなるラクトフェリンが含まれされているんですよ。

 

初乳は昔から赤ちゃんの免疫力アップに必要だと言われてますよね。

 

↓ラクトフェリンの働きを見てみましょう↓

  • 細菌の増殖を抑制(強力な抗菌作用)
  • マルウェア感染を防ぐ
  • 抗炎症作用
  • 免疫力の強化
  • 抗酸化・抗がん作用

ラクトフェリンは、腸内環境を整え免疫力アップ、抗菌作用も高いです。

 

細菌感染やがん細胞の増殖を抑制しコレステロール値や血糖値を下げる事で生活習慣病の危険性も和らげます。

 

妊活中のベビ待ちさんには着床率のアップも期待!

 

妊娠初期の胎児の細胞分裂を促進したり、造血作用で血液量が増える事で、栄養や酸素が運ばれやすくなる事から、妊婦さんにもおすすめの成分なのです。

 

そんなすごい働きがあるラクトフェリンが今度、ベルタ葉酸に新しく配合されました。

 

ついでに、ラクトフェリン300mgを食品から摂取しようとすると、生乳1リットル以上飲む必要があります。

 

これ若干キツイ・・・。

 

なので、葉酸サプリに入っていると一石二鳥で摂れて有効です。

 

卵殻膜に含まれされるU型コラーゲン

 

卵殻膜=卵の内側の薄皮のとこ。

 

ゆで卵をむく時に、白身に張り付いてイライラする、あの膜が、卵殻膜です。

 

卵殻膜の厚さは少し0.07。この0.07の膜に素晴らしい特徴がある事が色々な研究でわかってきました。

 

うすーい膜の主成分はたんぱく質です。

 

私たち人間の肌や髪を形成するたんぱく質に近く20種類のアミノ酸で構成されています。

 

中でもすごいのは活性酸素や毒物質を排除して代謝を促し、治癒力のアップなどの働きをするシスチンが人間の5倍以上含まれている事。

 

しかも!赤ちゃんのような、みずみずしく柔らかい肌を作り出すU型コラーゲン、別名「ベビーコラーゲン」を多く含んでいます。

 

ベビーコラーゲンは、美肌作りに有効

 

活性酸素を排除し代謝を活発にする血管を柔らかくして、血流を促す肺の弾力をよくして、酸素吸収率を高めるなどの働きがあります。

 

酸素吸収率が良くなる事で細胞が活性化し、ミトコンドリアが増殖!

 

卵子の中にもミトコンドリアが影響しているので、卵子老化を食い止め、卵子の発育を助ける働きにも期待です。

 

 

page top